水島の看護師さん 【水島協同病院】

倉敷にある水島協同病院での看護師さんや職員さんの日記
2012年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2012年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年09月
ARCHIVE ≫ 2012年09月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2012年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ナースキャップ


先日、患者さんのご意見用紙に
「昔は帽子(ナースキャップ)に黒い線が1本2本入っていた。
 それで誰が責任者か分かったが、現在は階級的な判断が分からない」
と、ご意見をいただいた。


当院では早くから看護師の帽子(キャップ)は廃止している。
昔は看護師の象徴としてキャップはあったが廃止した。

理由は患者さんの看護の邪魔になる(実際、点滴ラインにキャップが引っかかる等)
また、感染上は意外にキャップは汚れている。


現在は名札に職責名を入れている。
病棟のデイルームに病棟責任者の名前を掲示している。
新入院と退院時に師長が患者さんに”あいさつ”をして要求事項を確認するように
しているなど、工夫しているが患者さんからは責任者が分からないのが問題であり、
看護師長会議で議論し、病棟に写真の掲示?サッカーチームのように腕章をつけるか?
はたまたバッジをつけるか?良い方法はないものかと検討することにした。


しかし、病棟の管理者が誰であるか患者さんに理解されていないこと、
何かを相談したいとき看護管理者に話がしたいということは重要な問題を含んでいる
と思うのは、私の杞憂?


                               9月24日 タッキー
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。